炎のTOEIC奮闘記!verⅡ

TOEICの勉強記録を綴っていきます!

反応速度

英文に対する反応速度をあげる、それはじっくりと英文に向き合うことではないかと思っています。

 

特に、瞬時に理解できる文を増やしていくということにつながります。

 

それでは、瞬時に理解できる文はどのように増やせばよいのか。

 

そのアプローチの仕方は人それぞれだと思いますが、僕の場合は瞬間英作文、人によっては暗唱、もしくは精読を何度も繰り返すなどあると思いますが、英文と深く向き合うということがどれにとっても重要となってくると思っています。

 

結局、パート5のような複文としっかり向き合うことでパート7にも波及していくだろうし、それはリスニングの英文処理速度にも波及してくると考えています。

 

しっかりと自分で試行錯誤しながら向き合ってスコアを上げていきたいと思います。