炎のTOEIC奮闘記!verⅡ

TOEICの勉強記録を綴っていきます!

プラチナボキャブラリー進行中

パート3,4について、当初は暗唱までするつもりでしたが、今は音声をスクリプトを見ないで聞いてみて、聞きずらい個所があれば、スクリプトを確認し、何度も聞くということをしています。

 

それと、和訳を見て英語にする、瞬間英作文も一部取り入れています。

 

パート7については、精読をしている状態です。

 

精読が終わり次第、わからない単語が多かった文書や読みにくい文書については音読をする予定です。

 

音読といっても、声を出しているだけではなく、音読のスピードで精読できるような練習をしている、という方が正しいと思います。

 

よく言われる『英語を英語のまま理解する』という言葉は、英語を大量に読んできたからこそできる技のことだと僕は思っています。

 

結局、そうなる過程で、日本語→英語を大量に繰り返して、慣れが大量に積んできた結果だといえると思うわけです。

 

多読という言葉もありますが、僕のような中途半端な英語力で闇雲に英文を多読するのも何か違うなと思っています。

 

結局のところ、TOEICのパート7の文章で、精読し、日本語→英語のプロセスを何度も何度も通過することで、だんだん英語のまま理解できるように何度も同じ文章にあたることを繰り返していくことが最も遠いように見えて近いやり方なのかなと思っています。

 

こんな言葉はないのかもしれませんが、いうなれば『多精読』といったところでしょうか。

 

こんな言葉なかったとしてもいいです。

 

僕は多精読をします。

 

yun